少子化傾向にある日本で、唯一と言ってもいいほど右肩上がりなのがペット産業です。犬や猫、鳥、ウサギ、ハムスターなどはメジャーですが、爬虫類、両生類、昆虫などまでが飼育の対象となっています。

「爬虫類を飼うのは男だけ」と思っていませんか? ノンノンノン♪もはやそんな時代じゃございません。

「お・も・て・な・し」の一言で次期オリンピックの東京開催を決定させた才女、滝川クリステル。彼女だって、立派な爬虫類女子です。

飼育している亀の寿命は30年を越えているのだとか。実は今、爬虫類の飼育が女子の間で密かなブームを巻き起こしつつあります。

特に彼氏のいない女性は、ペットを飼うことで心を癒そうとする傾向にあります。つまり出会い系には爬虫類女子が、わんさか溢れているというわけです。

出会い系にいる爬虫類女子の特徴

爬虫類女子は、亀とかトカゲとかイグアナの写真をアイコンにしていることが多いです。あとはプロフィール欄の趣味を記入する箇所に「爬虫類鑑賞」「爬虫類飼育」と書いているケースもあります。

こういう人たちを見つけたら、すぐさまロックオンしましょう。積極的にアプローチをしかけてメールアドレスを聞き出します。全員が全員良い反応を返してくれるとは限りませんが、それでも根気強く声をかけ続ければ、必ずつながりを持つことができます。

軽い挨拶が済んだら「ところであなた爬虫類好きなの?」と、それとなく触れてあげてください。相手は携帯やスマホやパソコンの前で、小躍りするくらい喜ぶはずです。彼女の爬虫類トークを堪能したら「今度、一緒に爬虫類カフェへ行かない?」と連れ出しましょう。

時は来た!爬虫類女子のハンティング!

最近、都内で増加中の爬虫類カフェ。大阪や神戸、福岡にもできているそうです。

二人が最も行きやすい爬虫類カフェへと赴いたら、たっぷりカフェ内の爬虫類たちと触れ合いましょう。もしも爬虫類が苦手な人は、彼女が戯れる様子を温かく見守っておくだけにしておいても問題ありません。人間は好きなものに触れていると当然テンションが上がります。そのときに時間を共有している人に対して、自然と好印象を抱くものなのです。

つまり爬虫類カフェで数時間過ごすだけで、あなたの好感度はぐんぐんとアップするというわけなのです。

爬虫類カフェを出たら次はオシャレなバーか、食べ物屋へ移動しましょう。上機嫌な彼女の話を「うんうん」とうなずきながら聞きます。そしておもむろに「笑顔のあなたってとても素敵だね」と言い放ちます。不意打ちの褒めに相手はドギマギすることでしょう。

ここで追い討ちを掛けます。「そうやって戸惑ってるところが最高に素敵。好きになりそう。いや、もうなってる!」と続けます。もう相手はトロトロにとろけきります。あとは近くのラブホへ移動するだけ。さあ、あなたの股間で眠る獰猛な爬虫類を彼女のイソギンチャクにブチこむときがきました。頑張ってください!