出会い系をやっていると、たまにびっくりするほど自分の好みと合致する人が見つかったりするものです。そういうときって、普段とは違って「ここぞ」という気合が入ったりしませんか?

大抵、出会い系でメールをやり取りする相手っていうのは「なんとなく」だったりするものなんですよね。なんとなく掲示板で一番上にあったから、条件で検索したらなんとなく名前が目についたから、なんとなくプロフを見ていたら自分と合致する趣味をもっていたから…などなど。

なにせ女性会員なんてのはほんとに山のようにいるわけです。その中からどの女にしようかな、という選別作業なわけですからね。なにかひとつでもとっかかるものがあれば、とりあえずこの人にしてみるか、もしくは、相手からメールをくれたのでせっかくなので返事をしてみたというような気持ちでメールを始めたりする人も多いのではないでしょうか。

この女は落としたい!この女とセックスしたい!

「この女は落としたい!この女とセックスしたい!」そんな気持ちに心からさせてくれる、極上の女というのも出会い系には存在しています。もし、そんな人に会ったことがないというのであれば、それはまだ巡り合っていないだけです。少なくとも、実感として女性の平均レベルというのはここ数年で確実に上がっています。男性諸君であればなにかと見る機会の多いアダルトビデオ業界だって、ここ数年はかわいい&美人な女の子だらけになっているという実感がありますよね。それと同じことが出会い系でも起こっています。

何せ今は並の容姿ではアダルトビデオにすら出れず、面接落ちするというのですから…社会全体として女性全体のレベルが上がったともいえるかもしれません。それに加えて、いまは出会い系そのものがカジュアルな存在になってきていますからね。ためしに女性週刊誌をちょっと立ち読みでもしてみてください。オシャレなファッション特集のすぐ後ろなど、雑誌のいたるところに出会い系の広告が載っているんですから。

いい女はライバルも多い。そのライバルに差をつけるために

ではどうすればライバルを押しのけて極上の女と会えるのか。それはライバルと違うことをするというのがポイントです。同じことをしていては、その他大勢の一人になってしまいます。嘘でもいいので、なにか興味を引くようなことが大事なわけですね。

そのへんの特に大事でもない、変わりがいくらでもいるような女を相手にするのなら「自分のチンコはめちゃくちゃでかいし、必ずイカせられる」みたいな大風呂敷を広げたっていいんです。完全に嘘だとしても、相手に嘘がばれるときというのは自分のチンコを直に見せる状況なわけですから…そんな状況になってしまえば、こっちのものという卑怯技でもあります(笑)

極上の女に対してそんな一か八かに賭けてみるのも面白いかもしれませんね。

どうせだめなら当たって砕けろの精神です。

実はこれ、出会い系では一番大事な心構えかもしれません。