あなたが人と出会いたい気持ちになったのはなぜですか?

それは、生物学的にいうと「子孫を残したいから」です。そして、子孫を残したい本能は誰にでもあります。男性でも女性でも関係ありません。

むしろ女性の方がわかりやすくムラムラしていると思います。発情している女性は見た目にもわかりやすくソワソワしているものです。そんな女性と出逢えたら最高ですね。

でもそんな女性が普段生活で近くにいない、そんな時こそ出会い系を使いましょう。そういうところに登録する人は本気で出会いを、子孫繁栄を求めています。我々が求めているのは子孫繁栄の手段としての性交渉だとしてもかまいません。相手だって、同じなのです。お互いが欲しているのです。

生き物と生き物であるがゆえの出会い系サイト

お互いが性交渉に臨む気マンマン。それが本能です。でもその殻を破るためには、一枚一枚「世間の常識」を破っていかないといけません。

なぜなら人は誰でも羞恥心や世間体、見栄など、およそ自分の考えとは別の物差しで自分を計り、それを基準にして行動を決めるということをしがちだからです。なぜなら、それが安住の方法だからです。文句を言われないためにそう行動している、というだけに過ぎないのです。

よくよく考えてみてください。注意されなかったらいろいろなことをできると思います。それができないのは、私たちに自制心があるからです。幼稚園児などは平気で全裸になります。でもそれを大人がやったらアウト。逮捕です。

なぜそれをやらないか、というのには「相手に咎められる、なにがしかのペナルティ」がある、そのことに尽きるのです。逆に、自分が普段おさえている衝動を、ガマンせずにいても大丈夫な相手とだったら、ガマンの必要、無いですよね?

それを探すのが出会い系なのです。なぜなら、相手も同意の上だからです。

出会い系はある意味本能の交渉

出会い系では、もう名目が「出会い」と銘打っている時点で、ゲスに直訳すれば「性交渉推奨」とも言えます。

なぜなら、出会い系でおしゃべりできる友達を作りたい、一生の親友を見つけたい、共通の趣味の友達をつくりたい、なんていうのは私から言わせればすべてウソだからです。そんなきれいごとで世の中が回るわけがありません。

むしろそういう人がいたらあなたにとっては時間の無駄です。相手にしない方がいい。それよりも自分の本心を言ってくれるような若い純粋な柔らかい肌の女の子と積極的に出逢った方が効率が良いです。

最初はあなたも、あまりあからさまにエッチを求めてくると困るなぁ。と思うかもしれませんが、その障壁を取っ払い、自分の本能のままに動くことができたなら、あなたは立派な性欲マシーンになれます。

そのためのツールとして、出会い系は最高のエッセンスとなるのです。