今回は人妻狙いで出会い系サイトにチャレンジしてみました。

出会い系の掲示板で、「いますぐ会ってください」といった、かなり欲求不満じゃないかなぁという書き込みがあったので早速メッセージを送ったらすぐに返信がありました。

こういうタイプはサクラがおおいのですが、「最近ガラケーからスマホに変えた」と言ってきたので、「LINEのやりとりしてみませんか?」と誘い、LINEのIDをゲットしました。ということは本当にどすけべ女の可能性がたかいかな、と思いました。

ラインでのチャットでは、普段のことなどを聞きながらも、エロトークしたり、エッチな写メなどを交換して、数日後の夜、彼女の近くの居酒屋で飲むことになりました。

熟女の外見は、よくショッピングモールなどで見かけるような、コジャレたママさんっていう感じでした。カラフルな柄のチュニックに、ギンガムチェックのパンツスタイルでした。

人妻という雰囲気がよりエロさを醸し出していました。居酒屋では下ネタトークが満載でした。

思った以上にどすけべ熟女で、もう何年も旦那とはマンネリらしく、他にもセックスフレンドはいるようなのですが、相手が職場が多いので、普段しないようなエッチがしたいのになかなかできないとお悩みなのだそう。

居酒屋さんが掘りごたつだったのですが、途中酔っぱらってきた彼女が中に潜ってあそこを触ってきました。

チャックをはずしてジュポジュポと音を立てながらぼくのチンポをお店でなめてきましたので、こりゃ絶対にヤレるな、と確信。

居酒屋でかなり酔っぱらったあとはホテルへ移動しました。刺激がほしいと懇願されてもどうしたらいいかわからなかったので、まずソフトから、ということで目隠しプレイで試してみました。

普段は責められない背中や足先などを責め立てたのですが、ちょっと愛撫しただけで、びしょびしょにおマンコは濡れ濡れでした。

そのまま顔に僕のチンポをくっつけ目隠ししながらフェラチオをしてもらい、途中イラマチオも強要しました。オエオエいいながらも喉ちんこまでぼくのチンポを入れながら、それでもどんどん彼女の愛液があふれでてくるくらい、変態熟女でした。

最後は一緒に気持ちよくなりたいと、ヌルヌルのおマンコにカチカチのチンポをパコパコと激しく入れながらイキました。

最後はいい感じに熟れたおっぱいにかけました。すごいいつも見ていたAVのような感じだったらしく、イッたあともかなり興奮していて、そのあとも2回戦ほどチャレンジ。

おくっていく途中もタクシーでチンポを触ってくるくらいのどすけべ熟女ははじめてのタイプでしたね。いつものセックスフレンドよりも、たくさん感じれたらしく僕のプレイにはかなり大満足だったようです。