モテ男は常に自分からアクションを起こしているものです。

女性を口説くときに必要なのは多少の強引さ。草食系男子なんて言葉が流行ってはいますが、選ばれる側に甘んじていてはいつまでたっても自分の好みの女性と付き合えることはありません。気になる女性がいるのなら迷わずアクションを起こせるフットワークの軽さを身につけましょう。

自然な流れで誘う

「よかったら今度二人でデートしませんか?」

いきなりこんなセリフでデートに誘ってうまくいくのはイケメンだけです。急に「デート」というワードを出して特別感を出せば、女性は相手に対して警戒をしてしまうだけでしょう。初めてのデートの誘いは相手が気軽に来れるように、あくまでも自然な流れで誘うのがポイントです。とはいえ、「今度ご飯行こうよ」だけでは、「そうですね」と社交辞令的な会話で終了してしまいます。自然な誘いの中にも、断りづらい強引さを入れるのが大切です。

「イタリアン好きって言ってたよね。オススメのお店あるから一緒に行こうよ。水曜と金曜ならどっちが暇?」みたいな感じで。

「いつが暇ですか?」と聞くよりも、選択肢をしぼって問いかけた方が人は誘いに乗りやすいです。また、いつでも暇をしている男性からの誘いよりも、自分のために時間を作ってくれている男性の方がより特別感もでるでしょう。

事前に彼女の好みのお店をリサーチする

彼女の好きなジャンルのお店をリサーチしたら、すかさずそのお店に誘いましょう。接待だって相手の好きなお酒のあるお店や、好きな食事をセレクトしますよね。女性とのデートだって同じです。相手の好みを把握して、決して外すことのないお店選びをすることで、女性も誘いに乗りやすくなるはずです。

お店選びのポイントはちょっと頑張っている感じがベスト

いくら味が美味しいからといって、初めてのデートで大衆居酒屋のような雰囲気のお店に連れて行ってしまっては女性をガッカリさせてしまいます。

ポイントは安すぎず高すぎない雰囲気の良いお店に誘うことです。安すぎるお店に誘ってしまえば「この程度の女だと思われているのね」と感じさせ、高すぎるお店に誘えば「本気すぎて怖い」と女性に思われてしまいます。客単価6000円から8000円くらいの雰囲気の良いお店なら、押し付けがましくもなくロマンチックな気持ちに女性をさせられます。

最初のデートは「もしかするとこの人は私に気があるのかな」と、女性を少しだけ物足りない気持ちにさせるくらいにしておけば、二回目のデートの誘いにもきっと乗ってきてくれるはずです。