就職活動をしている時、企業にあなたという商品を売り込むために作っていた履歴書

この履歴書で人事担当者の心をつかむことができなければ、面接という機会さえ作ってもらえません。この履歴書と同じ役割を出会い系で果たすのがプロフィールです。女子が思わず食いつくプロフィール作りをして、女性をデートに誘い出しましょう。

プロフィールは具体的に書くのがGOOD

趣味や特技などを箇条書きにするだけのプロフィールでは、あなたの人柄までは相手に伝わりません。女子に興味を持ってもらうプロフィール作りをしたいのなら、より具体的に書くのがポイントです。

「趣味:サッカー」と書くより、「今でも同僚とサッカーチームを組んで月に二回ほど趣味でやっています。応援にきてくれる女性大歓迎です」と書いたほうが、明るく社交的な印象を与えることができます。相手にどんな印象を与えたいかを考えながらプロフィールを作成するようにしてみましょう。

下心は隠そう

あなたが本当は本命の彼女がいて、セフレ目当てに出会い系サイトに登録していたとしても、それを感じさせてしまうようなプロフィールでは、サクラだったりメンヘラ地雷臭のする女子からしか相手にされません。

女子はたとえ自分自身もちょっとした遊び目的で登録をしていたとしても、不誠実な男性に遊ばれて終わることに対してはバリアをはって自分を守ろうとします。

チャラすぎるプロフィールは絶対にやめておきましょう。

見た目についても詳しく書こう

出会い系サイトは顔が見えない相手だからこそ、女子も慎重になります。デートの約束をしたのに、現れた相手があまりにも好みとかけ離れたタイプだったら面倒だと思うのは、男性も女性も同じでしょう。そういった警戒心を解くためにも、なるべく具体的に自分の見た目を記入するようにしておけば、プロフィールを見ている女子もあった時のシミュレーションがしやすいはずです。

「身長は◯センチで細身体型です。芸能人の◯に似ていると何度か言われたことがあります」。こうやって書くだけで、出会い系に登録している数ある男性の中からでも、あなたに「会いたい」と、女性が思ってくれる可能性はかなり広がるでしょう。

なぜ出会い系に登録したかも書いておこう

出会い系に登録をしたのは、遊び目的ではなく仕方がない事情があるから。と、女子に伝わったほうが確実にあなたの印象は良くなります。「男性ばかりの職場で出会いがない」「転勤してきたばかりで友達が欲しい」「彼女に振られたばかりで女友達が欲しい」など、もっともらしい理由を書いておくと良いでしょう。