インターネットの出会いで、ドタキャンを避ける方法

セフレ モテルール

インターネットの出会いで、ドタキャンを避けるには、かならず一度電話することが大切です。

声を聞かせることで安心感を与えることができますし、一度声を聞いた人の約束を破るのは気がひけるものです。

ただ、会う約束もしていないのに、早い段階で電話をするなんていうのは避けたほうがいいでしょう。そこでメールのヤリトリも終わってしまっては本末転倒ですから。

また、明日会うことになっているのに電話をしてもらえないのなら、それはどうせ冷やかしかサクラなので無視してください。

待ち合わせ場所に行っても、ドタキャンされる可能性が高いでしょう。

電話した時の話のないようは、翌日のことをはなしましょう。

だんだん盛り上がってきて当日のデートも上手く行きますよ。

「明日のご飯の場所考えてるんだけど、何かキライな食べ物とかある?」

とかですね。

そんな感じで会う日のことを話したり、
もし話せるようであれば、メールで盛り上がったことに関して
話をしてみたり。

電話に関しては、いくら長くなってもかまわないと思います。
ただ、自信がない人は、明日のことをちょっと話して、
じゃ、明日ね!って感じがいいと思いますよ。

彼氏・夫持ちでも「コイツはセフレにできる!」と思うポイント

セフレ

女性がセフレを望んでいるかどうかは、いくつかのポイントを分析することで判断できます。

具体的にどんなポイントを見ていけばよいのか紹介していきましょう!

連絡先がフリーアドレス

女性と連絡先交換したとき、YahooメールやGmailなどのフリーメールを伝えてくる女性がいます。

なぜわざわざ自分の携帯アドレスではなく、フリーアドレスを教えてくるのか。それは携帯の履歴に残らず彼氏や夫にバレにくくするためです。

例えばヤフーメールならログインしない限り、閲覧することができません。しかも仮に受信したとしても、携帯の受信音がなるわけではないので周りに気づかれません。

これがフリーメールを使う最大の要因。

「やましい事をしてもこれならバレない」という心理が働いているため、フリーメールアドレスを教えてきている可能性があります。

彼氏や夫の働いている時間を伝えてくる

こちらから聞いてもいないのに、彼氏や夫の働いている時間を伝えてくる女性は、「その時間に誘って!」という合図を出している可能性大です。

セフレになるには自分だけでなく、周りの状況も大事。空いている時間や、誘っても問題ない時間をわざわざ伝えてくる女性は、「セフレ予備軍」とも言えます。

また、彼氏や夫の働いている時間だけでなく、普段から欲求不満を感じていたり、遊びたいと発言するような女性ほどセフレになる可能性が高いです。

男友達が多い

男に対して抵抗感がない女性や交友関係が広い人ほど、セフレにできるチャンスです。

直接、男友達が多いか聞いてみるのも良いですが、ちょっと聞きにくいようなら、その女性のSNSをチェックしてみても良いでしょう。ツイッターやフェイスブックで男性と遊んだ履歴が残っていれば、チャンスです。

また、SNSは過去の遊んでいる時間や生活スタイルも垣間見ることができます。日付から何曜日に遊んでいるのか割り出して、誘ってOKをもらえる曜日に声をかけましょう。

イベント好き

セフレ女性に多い特徴として、「イベント好き」ということが挙げられます。好奇心旺盛な性格があり、男性と複数付き合うことに抵抗がありません。

例えばクリスマスやバレンタインデーだけでなく、ハロウィンなどもチェックしてみましょう。他には海によく出かけたり、パーティーに参加しているなどの情報があればチェックしておきましょう。

こういった女性はだいたいツイッターやインスタをやっているので、暴き易いです。

「モテる男とモテない男」

セフレ

女性総合サイトの「マイナビウーマン」が2016年7月、22歳から34歳の女性を対象に、「モテる男とモテない男」について調査をした結果が話題を呼んでいます。

「モテる男」と「モテない男」で決定的にちがうこと4つ

イケメンなのにモテない男性がいる一方、逆にフツメンなのにいつも彼女が途切れないようなモテモテ男性もいますよね。ではモテる男性とモテない男性には、どんなちがいがあるのでしょうか? 女性のみなさんに聞いてみたところ、さまざまなちがいがわかりました。

「モテる男」と「モテない男」で決定的にちがうこと4つ|「マイナビウーマン」

それによりますと、主に以下に掲げる4項目における対処の仕方の違いが、モテるモテないの分かれ道になるようです。

出会い系セフレ攻略にあたっても役に立つと思われますので、その4項目を要約しておきます。参考にされてください。

連絡などがマメかどうか

女性への連絡をこまめにとる男がモテるそうです。これは出会い系においても、メールの返信などにそのまま当てはまりますね。

逆に、LINEを未読スルーや既読スルーしたり、女性の話を流したりしてしまう男は、残念ながらモテないそうです。これまたごもっともな説です。

コミュニケーション能力が高いかどうか

よく恋愛は究極のコミュニケーションであると言われます。モテるためには、恋愛においても、コミュニケーション能力の高さが求められるということです。

逆に、 相手の懐にすんなりと入れる術を身につけていない男は、モテないということになるそうです。

女性の扱いがうまいかどうか

過度に女性扱いが上手いとチャラ男になってしまい、逆効果にもなりかねませんが、上手ければそれを抑制することも出来ます。そのさじ加減が大事になるそうです。

絶妙なさじ加減で女性を惹き付けられる男はモテるということですね。やはり女性扱いは上手いに越したことはないようです。

逆に、モテない男は、女性を扱うツボが分からないので、損をしてしまうということのようです。

気が利くかどうか

自分のことよりも、女性を優先する気配り、気遣いの出来る男には、女性からの人気が集まりやすいようです。自己中心的になってはいけないということですね。

要するに、女性への思いやりの気持ちを持てるか持てないかが、モテるモテないの分かれ道となるようです。

これは単に女性から見た男に対してだけでなく、同性である女性同士でも言えることだそうです。

それだけ、女性が男を見る際、思いやりがあるかどうかを注意深く観察していると考えてよさそうですから、これが肝の部分であるのかもしれません。

見てまいりました上記4項目を軸として、早速ご自身の女性に対する対応をセルフチェックされてはいかがでしょうか。

その結果を、出会い系サイト利用に際しても反映させれば、モテ度を確実に向上させることが出来ると思います。

出会い系はナンデモアリ…ではありません!

セフレ

603017

出会い系なんて好き放題していいだろうし、無法地帯なんでしょ?と思っている人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

ある意味では、出会い系ほどきっちりとルール化されているところも珍しいといえるくらいです。そういった「暗黙の了解」っていうのは初心者にとってはとっつきづらかったりしますよね。

まず、やってはいけないこととしては「いきなりメールアドレスやLINEの交換を求める」ことですね。出会い系をこじらせた男性だと、アドレス交換しないなんてさてはお前はサクラだな!?という突拍子もない思考回路に陥る人もしばしばいますが…。

常識的に考えて、よく知らない人に自分の個人情報をホイホイ渡す人はそうそういません。100人いたら1人くらいは教えてくれるかもしれませんが、それなら普通にやったほうがよっぽど効率がいいですからね。

狙った女性をピンポイントで落としたいときのテクニック

セフレ

出会い系をやっていると、たまにびっくりするほど自分の好みと合致する人が見つかったりするものです。そういうときって、普段とは違って「ここぞ」という気合が入ったりしませんか?

大抵、出会い系でメールをやり取りする相手っていうのは「なんとなく」だったりするものなんですよね。なんとなく掲示板で一番上にあったから、条件で検索したらなんとなく名前が目についたから、なんとなくプロフを見ていたら自分と合致する趣味をもっていたから…などなど。

なにせ女性会員なんてのはほんとに山のようにいるわけです。その中からどの女にしようかな、という選別作業なわけですからね。なにかひとつでもとっかかるものがあれば、とりあえずこの人にしてみるか、もしくは、相手からメールをくれたのでせっかくなので返事をしてみたというような気持ちでメールを始めたりする人も多いのではないでしょうか。

この女は落としたい!この女とセックスしたい!

「この女は落としたい!この女とセックスしたい!」そんな気持ちに心からさせてくれる、極上の女というのも出会い系には存在しています。もし、そんな人に会ったことがないというのであれば、それはまだ巡り合っていないだけです。少なくとも、実感として女性の平均レベルというのはここ数年で確実に上がっています。男性諸君であればなにかと見る機会の多いアダルトビデオ業界だって、ここ数年はかわいい&美人な女の子だらけになっているという実感がありますよね。それと同じことが出会い系でも起こっています。

何せ今は並の容姿ではアダルトビデオにすら出れず、面接落ちするというのですから…社会全体として女性全体のレベルが上がったともいえるかもしれません。それに加えて、いまは出会い系そのものがカジュアルな存在になってきていますからね。ためしに女性週刊誌をちょっと立ち読みでもしてみてください。オシャレなファッション特集のすぐ後ろなど、雑誌のいたるところに出会い系の広告が載っているんですから。

いい女はライバルも多い。そのライバルに差をつけるために

ではどうすればライバルを押しのけて極上の女と会えるのか。それはライバルと違うことをするというのがポイントです。同じことをしていては、その他大勢の一人になってしまいます。嘘でもいいので、なにか興味を引くようなことが大事なわけですね。

そのへんの特に大事でもない、変わりがいくらでもいるような女を相手にするのなら「自分のチンコはめちゃくちゃでかいし、必ずイカせられる」みたいな大風呂敷を広げたっていいんです。完全に嘘だとしても、相手に嘘がばれるときというのは自分のチンコを直に見せる状況なわけですから…そんな状況になってしまえば、こっちのものという卑怯技でもあります(笑)

極上の女に対してそんな一か八かに賭けてみるのも面白いかもしれませんね。

どうせだめなら当たって砕けろの精神です。

実はこれ、出会い系では一番大事な心構えかもしれません。

出会い系サイトで女性を落とすメールテクニック3選

セフレ モテルール

出会い系サイトでセフレをゲットするために、必要なスキルをご存じですか?

合コンのように直接コミュニケーションをとっていい感じの流れを作っていくことはできませんから、出会い系サイトでお目当ての女性をゲットするために【メールテクニック】がとても重要になってくるというのです!

「プロフィール写真可愛いね!」「君に会いたくなったよ」と、積極的にアピールしていくのが正解だと思っていたのなら大間違いです。そのような強烈プッシュは、逆に女性の不信感を煽り、あなたの信頼度が下がってしまうと思われます。

そこで今回は、出会い系サイトを利用する男性には必読のメールテクニックをまとめてみました。

良かれと思って送っている内容が、女性にとってはかなりの勘違いだったとならないように、しっかりと確認していきましょう!このメールテクニックを身につければ、相手の女性を不快にさせることはないと思いますよ。

テクニック1、「会いたい」という言葉は極力使わない

「会いたい」と言われて、女性は全員喜ぶと勘違いしていませんか?もちろん相手もあなたのことを気に入っていたら嬉しいと思いますが、必ずしもそうとは限りません。

また出会い系サイトを通してのやり取りがスタートしたばかりなのに「会いたい」と連呼していると、体目当てのサイト利用と勘違いされて、女性の不信感を煽ってしまうばかりなのです。

ですから「会いたい」という言葉は、極力使わないことが大切です。ここぞというときの一言として、大切に取っておきましょう。

テクニック2、質問攻めは嫌われる

メールでのコミュニケーションを図る上で、単調な文章にならないように、適度に質問をするのはとても良いと思います。しかしながら、1回の返信につき「今日は何してるの?」「何食べた?」「どこにいるの?」などと、質問攻めにしてしまうのはナンセンス。

質問に答えるのは、あなたが思っている以上にエネルギーを使うものなのです。その上、何だかプライバシーにドカドカと入り込まれている気がして、相手の女性もあまりいい気分はしないでしょう。

質問をするときは、以下の3つを守ってください。

  • 自分が質問するからにはきちんと自分のプライバシーに関することも話すこと
  • 質問は1回の返信につきひとつまで
  • 質問はあくまでも会話のアクセントに使うことを意識する

上記のことを意識して、メールテクニックを磨いていくことが、出会い系サイトを効率的に利用する方法です。

テクニック3、返信が遅れたら謝る

何度も言いますが、出会い系サイトを通してステキな女性をゲットするためには、メールテクニックか必要です。一番やっていけないことは、相手の女性を不安にさせることです。

「さっきまであんなにやり取りしていたのに、パタリと返信がなくなった」「全然メールが返ってこないから、私嫌われてしまったのかな…」と、相手の女性を不安を思わせてしまうのは、男としてカッコ悪いと思います。

けれども、仕事が立て込んでいてメールの返信がどうしてもできなかったり、携帯電話の充電が切れて操作出来なかったということもあるでしょう。もちろん仕方のない状況もありますので、きちんとメールでのフォローをしていくのです。「返信遅れてごめんなさい。会議が長引いて返せませんでした。もう終わったから大丈夫!」「すみません。携帯電話の充電が切れてて、連絡できなくて困ってました。」など、返信できなかった理由を具体的に言ってあげると、女性は安心するものです。

このようなちょっとした気遣いの文章が、相手の女性との間に信頼感を生んで、ステキなコミュニケーションを図って行くことができるのです。

いかがでしたか?出会い系サイトでステキな女性をゲットするために、以下のメールテクニックを身に付けましょう。もう一度おさらいしてみますね。

  1. 「会いたい」という言葉は極力使わない
  2. 質問攻めは嫌われる
  3. 返信が遅れたら謝る

基本的なメールテクニックをきちんと守っていくことが、あなたの印象を高めていくことに繋がります。【メールを制する男性は、セフレ作りを制する!】と言っても、良いほどです。ぜひ、この3つのテクニックを活かしてくださいね。

セフレ化には不可欠「出会い系で信用度を高めるテクニック」

セフレ

出会い系サイトを利用している女性たちは、男性が思っている以上に慎重ですし、何より男性のことをあまり信用していないケースも少なくありません。

実際にニュースなどで、出会い系サイトを通して騙し騙されるような事件が取り上げられていますから、そんな女性の気持ちも分からなくもありませんよね。そこで、出会い系サイトを利用する男性のみなさんに言いたいことがあります。

出会い系サイトでステキな女性と巡り合ってセフレ化するため【信用度の高い男性になること】が重要です。けれども、信用度ってどのようにして高めていけばよいのでしょうか?

そこで今回は【信用度を高めるテクニック】をご紹介していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

テクニック1、名前は出来るだけフルネームで登録すること

「出会い系サイトを利用していることがバレるのはイヤだ」「恥ずかしいから、ニックネームにした」という男性も多いです。

しかしながら「kenji」という名前と「山本謙二」という名前がプロフィールに載っていたら、女性はどちらのプロフィールを積極的に見るでしょうか。

これはあくまでもイメージではありますが、漢字表記のフルネームの方が信用度が高く思えませんか?

英語表記よりも、真面目に出会い系サイトを利用している雰囲気があります。

漢字フルネームに抵抗があるのなら、ひらがなフルネームでプロフィール登録することをおすすめします。

テクニック2、仕事を具体的に明かす

女性は、男性がどのような仕事をしているのか気になってしまうものです。ですから、はじめの段階で仕事については話しておいた方が良いでしょう。

例えば「僕は工場勤務だから、なかなか仕事中は返信できないんだ」「俺は営業だから、仕事中でも比較的返信できるよ」などと、仕事内容と連絡の取りやすさ・取りづらさを伝えておくと、あなたへの信用度も高くなるはずです。

相手の女性から聞かれる前に、仕事に関してはきちんと話しておくことが大切です。

テクニック3、会いたいと連呼しない

「会いたい」という言葉は、出来るだけ二人の距離が縮まってから使うべきです。

なぜなら恋人同士で使うのはとても効果的ですが、まだ出会ってあまり時間が経っていない人の間で使うと、信用度が下がってしまうのです。

特に出会い系サイトは直接顔を会わせる前のメールでのコミュニケーションが中心となりますから、「会いたい」とばかり連呼していると体目当てのサイト利用だと誤解されてしまうことも多いのです。

サイトを通してのやり取りが始まったら、最低1ヶ月は地道なやり取りを続けましょう。その後、個人アドレスを交換して一歩踏み込んだやり取りをしていくことをおすすめします。

会いたいと毎日連呼するよりも、とてもスムーズで、スマートな方法だと思います。

テクニック4、完璧な男性でいない

出会い系サイトを利用する男性の中には「こんなにたくさんの女性が登録してるのだから、きっと理想の女性に会えるはず!」と期待に胸をトキめかせている人も少なくありません。

しかしながら、あなたが完璧な男性でないように、完璧な女性もなかなかいません。ですから、あなたが見栄をはって完璧な男性を演じる必要はまったくないのです。

むしろ、自分の欠点をさらけ出してくれる男性の方が信用度が増しますし、相手の女性も親しみが持てると思います。

欠点をさらけ出すほど、女性からも信用されるわけですから、何だか男性にとっても楽ちんですね。

テクニック5、直接会う時の時間と場所

数々のメールテクニックを駆使して、直接会う約束が取り付けられたなら、当日までにもっと信用度を高めておきましょう。

ポイントは、直接会う時の時間設定と待ち合わせ場所です。

もちろん相手の都合に合わせることが最優先ですが、出来るだけ終わりの時間が予想できる待ち合わせ時間にすることをおすすめします。午後19~20時に待ち合わせれば終電までにはお開きとなりますし、ランチの時間帯に待ち合わせしたのなら14時から用事があるなどと、事前に相手に伝えておくのも1つの方法です。

女性はなかなか自分から「帰りたい」と言い出せませんから、慣れるまでは帰りの時間が予想できるようにしてあげることが大切です。また、いきなりカップルで行くようなムード満点の場所や、人が少なく暗い場所を指定するのはやめましょう。

初めて会うときには、周りにたくさんの人がいて、比較的騒がしい場所の方がお互いにリラックスして話すことができると思います。カフェ、レストランなど、明るくて周りにも人がいる無難なところでいいでしょう。

テクニック6、プロフィール写真は普通が一番

「この人、カッコいい!」とプロフィール写真でたくさんの女性を惹き付けるのも1つの方法ですが、あまりにかっこよすぎると女性は疑問視してしまいます。

「こんなかっこいい人が、わざわざ出会い系サイトを利用する必要なんてないんぢゃないの?」「絶対に偽物の写真を使っている」と思われてしまうのです。

そこで、出会い系サイトを利用する女性たちの信用度を上げるためには【プロフィール写真を普通】にしておくことをおすすめします。実際に顔を会わせたときに、写真と実物との大差をなくすのも大事ですが、普通っぽさをアピールして親しみやすい雰囲気を作り出しておくのも重要です。

あまり気合いをいれずに、普段の自分の欠点を姿がありのままに写っている写真を選ぶことをおすすめします。舌を出す・ウィンクをする・お酒を飲んでいる・タバコを吸っている姿は、出会い系サイトのプロフィール写真には向いていません。

スポーツをしたり、友達と笑顔で写っている姿などをプロフィール写真にすることをおすすめします。

テクニック7、メールでも直接会ってもしばらく丁寧語で

メールだけでなく直接会った時でも、基本的には丁寧語でコミュニケーションを取りましょう。親しみを込めてタメ口で話すのは、相手のあなたに対する信用度を下げてしまうというリスクもあるので要注意!

「僕もそう思いますよ。」「すごくいいですね!」など、基本的にです・ますを崩さない方が、信用度は高くなると思います。もちろんお互いの関係性がステップアップしたら、それに合わせて言葉の使い方も変えていきましょう。

テクニック8、ガツガツしない

出会い系サイトを利用していく上で大切なことは、あくまでもガツガツしないことです。可愛い女の子と出会いたい!デートしたい!好かれたい!セフレがほしい!と燃え上がるのは仕方のないことですが、あまりに恋愛に対してガツガツした姿を女性に見せると、きっとドン引きしてしまうことでしょう。

たくさんメールのやり取りをして、嬉しさのあまりにエンジン全開になってしまう男性もいますが、ここはグッと堪えてください。ガツガツしないで、相手に冷静な自分の姿を見せておくのも方法の1つです。

いかがでしたか? 今回は、出会い系サイトで知り合った女性から、信用されるためのテクニックを8つご紹介しました。特別なことをするわけではありませんが、基本的ななテクニックを身に付けるだけで、あなたの信頼度がアップすることは間違いありません。ぜひ、頭の中に入れておいてくださいね

実際会ってがっかり? 理由は外見だけではなかった

セフレ

出会い系サイトでメール交換をしていた相手と実際に会って、外見と想像が違って「なんだか急に冷めてしまった」という話はよく聞きます。それと同じように相手の内面が想像と違ったと感じた出会い系サイトの会員も多いようです。では、なぜそのようなことになるのでしょうか。今回はなぜそうなるのかを紹介していきましょう。

プロフィールが嘘だったケース

出会い系サイトに登録している男女は、気軽に出会いを楽しんでいる人も居れば、寂しさから早く一緒に居られるパートナーを見つけたいと思う方まで様々です。

後者の場合、切羽詰まった人の中には、多くの異性を対象に入れたい気持ちから大風呂敷を広げる人も少なくありません。ここまでは見に覚えのある人もいるのではないでしょうか。多少のプロフィールの盛りは仕方がないですね。その方がヒット率も上がるのでテクニックとしては問題ありません。しかし度を超えた、プロフィールの嘘で実際会っている人も稀にいるようですね。

出会い系サイト内では、出会う相手の情報の多くをプロフィールで収集します。それを信頼して好意を抱いてメールを始めた相手からすると、嘘の内容によっては出会う対象ではなかった可能性も大きいと言えます。それを実際に会ってから知ると余計にショックでしょうね。

むやみに信じない!自称はあくまで自称

プロフィールはあくまで自称です。客観視ができる人はいないですし、ジャッジをするものさしもありません。「優しい温厚な性格と言われます。」「真面目で清楚系です。」「少しエッチな感じ、セクシー系です!」プロフィールにはそう書いてあっても本人がそう思っているだけ可能性もあります。

メールでは言葉を選んで返信することも可能ですが、実際に会って話をすると表情や行動などでまた印象は大きく変わるでしょう。また、意外とキレやすかったり、メンヘラ系の女性などもいるかもしれません。自称は、主観で見た自分という意味です。それを客観視するのは貴方の仕事ですよね。出会い系では貴方の目利きがとても大切になってくるのです。

はなっから騙して出会う目的も!

先に挙げたものは真剣に出会いたい女性や、割り切りなどで結果的に失敗してしまう例です。これは正直かわいいものと言えるでしょう。中には最初から相手を騙すつもりで、本人と全くの別キャラを作り上げている可能性もあります。悪質な会員、風俗などの勧誘もあります。トントン拍子に会うまでが早いのも考えものですよね。男性は特に注意しておくべきです。

家族や昔からの友人ですら、こんな一面があったのかと思うことは誰でもあります。それくらい人の心の内の全てを知り得るのは難しいと言えるでしょう。出会い系サイトでの出会いは尚更です。理解したつもりでも相手の一部でしかないことは当たり前ですよね。外見だけを見るのではなく、内面もみるのは当たり前です。しかし、その内面こそが会っても分からない難しい一面なんです。また、実際に会って違うなと思う事は多くの男女が経験することです。そこでめげないで新しい出会いに挑み続けましょう!

「メールを送る時間」「メールの中身」

セフレ

優良出会い系サイトを利用し、サイト内でのやり取りはしっかり続いている……それなのに、アポ取りができない!と悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。出会えないのはサイトのせいですか? そんな責任転嫁は間違っていると思いませんか? だって、まだ自分のメールには改良の余地があるからです。具体的にじっくり考えてみましょう。

実際に優良出会い系サイトを使っていて、写メもそこそこのものを載せている。プロフィールもしっかり埋めている上、ケチケチと直接連絡先を聞こうともしない、なのにどうしてアポまで発展しないのかと思っている男性会員の方はいませんか? なぜ、サイト内ではメールが続くのに、アポが取れないのだろうと嘆いている男性会員のあなたです。そんな方は「メールを送る時間」「メールの中身」このどちらかを見返してみましょう。完璧なら今頃出会っていると思いますよね。

メールを送る時間に問題がある場合

メールを送る時間と言われてもイマイチピンと来ないのではないでしょうか。そういう方は、まだまだメール初心者と言えますね。少し考えれば、女性から見て、メールの時間の重要性は十分な判断材料になることがわかります。中でも「送信のタイミング」と「返信までの時間」はとても大切です。

特にファーストメールでのポイントです。長く続いているメールでも使えるものです。しかし、「何曜日の何時に送る」のような具体的かつ、絶対的なものではありません。要は相手の職業などでメールの送信のタイミングは確かに分かれるということです。

分かりやすい例で、人妻に対して、平日の夜や土日にメールを送るのは危険ですし、そんな男性と直接のやり取りを行おうと思わないでしょう。そこは安全な平日の昼間のみに時間を固定して、送信をするようにするだけで女性の信頼をものにできます。

今やり取りしている女性に対しての想像力をフル回転させてみましょう。少し難易度が高いかもしれませんが、かなりできる男に見えますよね。

返信までの時間はどのくらいがベスト?

出会い系サイトだけに限ったことっではなく、人間としての高さも出る部分です。会社などの大事な取引などでもこういった空気を読むことは活かされます。

メールの間隔を合わせるというと早いのではないでしょうか。メールの返信が5分以内の女性に1日後の返信はどうでしょう? その逆もあります。ゆっくりの返信の女性にはそのペースを、1時間なら1時間、1日なら1日を目安にメールを送り返すようにしましょう。ここで女性はこのメールのやりとりの中に「居心地のいい場所」というイメージを持ちます。同調性は、心理テクニックでもあります。安心感と親近感を持たせることができるんですね。

メールの長さで考えてみよう

メールの長さと文字数は一緒と考えてみましょう。上述の返信までの時間とも似た部分がありますが、基本的に短文には短文を、長文には長文をが基本です。短文の女性に長文で返すと重いですし、長文をの女性に短文で返すと興味がないと思われます。この辺りを気にしていなかった方は、少し分の長さを合わせてみましょう。

メールの内容に問題がある場合

メールの内容に何か問題がある場合は、「単純につまらない」「会話のラリーが下手」「ただただ性欲しか見えてこない」が考えられます。まず「単純につまらない」の場合、相手ははなから興味がないでしょうから返信はなくなります。返信前にメールを見返し、単調な内容ではないかなどをチェックしましょう。

「会話のラリーが下手」の場合、相手の話しかしない場合と自分の話しかしない場合の2パターンがあります。どちらもキツイですが、自分大好きのような印象を持たれる前者と、まるで自分がない印象で少し怖い後者は極端であればあるほどNGです。質問と答えは半々がバランスのいい会話のメールだと言えますね。

「ただただ性欲しか見えてこない」の場合ですが、本来出会い系サイトはこういった女性も多いのも事実です。しかし、それを隠そうとしながらメールをしているものだと思います。ここで、出てしまうのが男性の性なのでしょう。女性は敏感にこういった返信に反応します。なんと言ってもこれがアポが取れない一番の原因と言ってもいいでしょう。

好奇心旺盛な若者か、超ビッチ、淫乱熟女などのクセのある女性くらいしか好感を持ちませんよね。一般的な女性は、この滲み出る性欲に引いてしまうようですね。体目的オンリーの女性もいるでしょうが、不本意な結果でしょう。

実際に、メールを長く続けるのは長く付き合いたいからです。出会い系サイトでホテルに誘うことは簡単です。しかし、ホテルに行った女性と何回も会うことはほぼないでしょう。出会い系サイトでは現実と非現実が反対です。アポでカラオケなどに誘える男性は出会い系サイトでは不利なんですね。紳士的に見える、カフェや個室のないちょっとした飲み屋などもアポ取りがしやすいポイントです。その後の事は、そこでチャンスを掴めばいいんです。まずは会わないと意味がないからです。そして第一印象は絶対です。安心感と親近感をうまく使い、アポ取りをできるメールをマスターして、素敵な出会いをしましょう。

【テクニック伝授!】出会い系サイトでセフレをゲット。女子のマル秘事情とは?

セフレ

奥様との関係がうまくいっていない人、彼女がいなくて悶々としている人、寂しさを感じている人、手軽に身体の関係を持ちたい人など、理由はさまざまだと思いますが【出会い系サイトでセフレを欲しい】と思っている男性はたくさんいます。それほど、珍しいことではありません。

恋愛って相手との駆け引きをしたり、相手の喜ぶことをしたりと、なにかと面倒くさいことも多いのです。誰かとお付き合いするということは楽しいことばかりではなく、自分の時間を割かなければならないなど苦痛に感じることも少なくないのです。

そこで男性なら、ふと思ったことはないでしょうか?「恋愛に全力を尽くすのはちょっと疲れた。身体の関係だけ、サクッとできる女性がいればいいのにな」って。

そこで今回は、出会い系サイトを通してセフレをゲットするテクニックをご紹介していきます。大きな声で周りに聞けないことだからこそ、ここでこっそりチェックしていきましょう。

はじめに…男性だけではない!女性もセフレを欲しがる時代

出会い系サイトを通してセフレをゲットしたいと考えているのは、男性だけだと思い込んでいませんか?寂しさから身体の関係を持ちたいと心の中で思っているのは男性だけではないのです!

女性も、色々なフラストレーションを抱えて生きています。旦那が女としてみてくれない、彼氏ができない、欲求不満など理由はさまざま。しかしながら、男性と同じようにセフレを欲しがっている女性がいることを忘れてはなりません。出会い系サイトは直接顔を会わせたことがない関係だからこそ、色々な出会いがありますし、気に入った人としか会わなくてよい訳ですから、実に効率的な手段です。

職場や合コンなどの表だった場所でセフレ探しをするなんて、男女共にあまりできないことですから、是非出会い系サイトを利用してセフレ探しをはじめてみてはいかがでしょうか?

テクニック1、「君もセフレ欲しいんでしょ?」は禁句!

出会い系サイトを通してセフレをゲットしたいと意気込んでいる男性の皆さん、欲しいからこそあまり【セフレ】という言葉を使わないようにしましょう。例えば「君ってセフレを欲しいんでしょ?」「俺たち、セフレにならない?」などの超ストレートな表現です。確かに女性もセフレを求めて出会い系サイトを利用しているのかもしれませんが、いざ相手から直接的に言われると興ざめしてしまう傾向があります。

一番いいのは、女性に「この人ってセフレ探しているんだよね…全然そんな雰囲気してこないけど」などと思わせることです。プロフィールにセフレ希望と書いていても、実際には全然普通の会話を楽しんでいれば、女性は少しずつあなたに気を許してくれるでしょう。お互いにセフレ希望と分かっていても、敢えて確信には触れずにきちんと出会いを楽しむことが、あとであなたに素敵な効果をもたらすはずです。

また「君もセフレ欲しいんでしょ?」は非常に上目線の表現となっているので、ほとんどの女性はよい気分にはなりません。どうせ言うなら「僕のセフレになってくれませんか?」と下手に出るべきですが、セフレはあまりにも直接的な表現なので、最初から当たり前のように使うのはおすすめできません。

テクニック2、情熱的なセフレをゲットしたいなら30代後半女性を狙え!

出会い系サイトでセフレ探しをはじめると、10代~50代まで本当にさまざまな年代の女性たちがセフレ探しをおこなっていることに気がつくはずです。

早くバージンを卒業したい・セックスレスの夫婦関係にイライラしている・性欲が増したなど年代別の動機があるのです。その中でも、出会い系サイトを利用して真剣にセフレをゲットしたいなら【30代後半~の女性】をおすすめします。その理由は、女性は年齢を重ねるごとに性欲が増していく傾向があるからです。

また30代後半~の女性は家庭を持っていることが多いので、セフレという割りきった関係をきちんと理解して面倒な私情を挟まない、セフレという関係をすんなり受けとめることができるのです。

出会い系サイトでのセフレ選びを失敗しないためには、年令もある程度絞って探してみることをおすすめします。若い独身女性は割りと私情を挟みやすい傾向にあり、身体の関係だけを求める男性には重たく感じるかもしれません。特にバージンを卒業したいと熱い思いを抱える女性には、安易に手をつけない方がいいかもしれませんね。

テクニック3、会ってすぐに身体を求めない

出会い系サイトを利用して見つかったセフレ候補と直接会う機会が訪れたときも、焦らず最善の対応をして行くことが後々の良好なセフレ関係につながります。

お互いにセフレ希望と分かっていても、最初に出会った時は【お互いの中身を知る】という行動に全力を注いでください。いくら身体の関係だけとはいえ、相手がどのような女性か知らないでそのような関係になるよりも、人となりをきちんと理解した上でセフレ関係を結んだ方が絶対に良いはずです。

極端な話、初めて出会ったその日は、喫茶店やカフェ、公園でお互いの自己紹介をする程度でも良いと思います。最初からホテルで「こんにちは」だと、セフレに慣れていない女性はいたたまれない気持ちになってしまうかもしれません。セフレとの会話を楽しんで、お互いにある程度どんな人物か分かってから身体の関係を結んだ方が気持ちよさも倍になります。

もしかしたら、男性が思っている以上に、女性は「セフレ」という関係性を割りきって考えていないのかもしれませんね。どっかで恋愛に発展するかも?身体がこの人を求めてしまうかもと心のどこかでドキドキしながら、セフレとの関係を楽しむのが女性なのかもしれません。

さて、これで今回ご紹介するテクニックは全てです。

出会い系サイトを利用してセフレをお探しの男性の皆さん、いかがでしたか?今回は、女性の事情に迫りながら、出会い系サイトでセフレをゲットするテクニックをご紹介しました。身体の関係だけだとお互いに割りきった方がうまくいくのが、セフレという関係性です。自分と同じような感覚で、セフレを探している女性を見つけるためにプロフィール閲覧無料サイトなどで見極める力を身に付けましょう!
あなたが1度に何人もの女性と、セフレ関係を結ぶことができる日もそう遠くはないはずです。

ページの先頭へ