「2015年」の記事一覧

セフレを作るもっとも効果的な方法は、セフレを作ろうとしないことです。

セフレ

セフレを作るもっとも効果的な方法は、セフレを作ろうとしないことです。

「セフレになりましょう」といってセフレになってくれる女性なんていないんです。

出会い系サイトで会った女性とは、そのとき恋愛しているように振る舞ってください。世界で一番愛している女性だと思って行動してください。他の女性のことなんて頭にないと思って行動してください。

女性だって、わかっているんです。もしもセックスをしたら単なるセフレになるということは。だけど、「セフレのように扱われること」には大きな抵抗があるんです。大多数の女性のうちの1人であることは許せないのです。

これは遺伝子レベルの問題です。女性は、出産・子育てをしなければなりません。だから、自分と自分の子供だけを愛してくれるような男性に惹かれるようにできているんです。

あくまでも疑似恋愛を楽しんでください。女性と正面から向き合ってください。

それでなにかトラブルが起きたらどうするかって?

そんなの、個人情報を教えないでセックスしていればいいんです。ヤバそうだったらバックレてください。

ただ、セックスをしたければ「君が一番だよ」ときちんと言ってあげることが重要なのです。

ストリートナンパ(ストナン)よりも圧倒的に出会い系がオススメな理由

セフレ

街でのナンパ、いわゆるストリートナンパ(ストナン)って勇気がいりますね。わたしは絶対にできません。

いっぽうで、出会い系サイトだったら、私のような臆病者でもいくらでもメールすることができます。画面の向こう側にいる女性なんて、人間だと思っていません。たんなる文字列だと思っています。

だから、メールでどんなことを言われてもぜんぜん気になりません。その女と二度とメールをすることはないだろうし、その様子を見ている人もだれもいないんだから。

ここが、出会い系サイトの最大のメリットなんですよね。

ストナンは、ひどいことを言われたらどうしようとか、みっともないところを他人に見られるのはいやだなあと思うから、なかなか手が出せない。一方で、出会い系サイトだったら、ただ機械的にメールを送り続けてさえいれば、いつかはぜったいに出会いを成功させることができます。

そりゃあ、たしかにストナンのほうが確率は高いんだろうけど、1日中声をかけまくっても成功しない日だってあるわけじゃないですか。出会い系サイトだったら、1日中メールを送り続けたら、いったいどれだけのメールを送れるでしょうか。

しかも、定型文を作っておいて、そこにちょっと文章を付け足したものを送れば十分なんです。

はっきりいって、ストナンよりも出会い系のほうがずっとコスパがいいんですよ。

出かける準備をして移動して街に立って声をかけ続けるなんてやってられない。

テレビでも見ながらささっとメールを送っていればいいんですから。

私の場合は、1日30分程度の作業で、毎月新規とセックスをしています。そのうち、とくべついい女は、定期的にセックスをしています。正直いって、定期がたまってきてしまったので、新規を探すメールがおっくうになっている始末です。

はっきりいって、私のルックスレベルでは、ストナンで同じくらいの成果をあげるためには、完全に土日をつぶして朝から晩まで声をかけまくっても無理でしょう。だって声をかけられる女の数は、結局たいしたことにはなりませんから。

でも、出会い系サイトなら膨大な女にメールを送ることができます。そのうち、数パーセントでも自分に興味を持ってくれる人がいればいいんです。そして、そういう女はぜったいにいるんです。

そういう意味では、多少のエッヂが効いたメールを書いた方がいいのかもしれません。メールの内容に関してはまた次の機会に論じていきたいと思います。

生物学的観点からの出会い系サイトのセフレ探し

セフレ

あなたが人と出会いたい気持ちになったのはなぜですか?

それは、生物学的にいうと「子孫を残したいから」です。そして、子孫を残したい本能は誰にでもあります。男性でも女性でも関係ありません。

むしろ女性の方がわかりやすくムラムラしていると思います。発情している女性は見た目にもわかりやすくソワソワしているものです。そんな女性と出逢えたら最高ですね。

でもそんな女性が普段生活で近くにいない、そんな時こそ出会い系を使いましょう。そういうところに登録する人は本気で出会いを、子孫繁栄を求めています。我々が求めているのは子孫繁栄の手段としての性交渉だとしてもかまいません。相手だって、同じなのです。お互いが欲しているのです。

生き物と生き物であるがゆえの出会い系サイト

お互いが性交渉に臨む気マンマン。それが本能です。でもその殻を破るためには、一枚一枚「世間の常識」を破っていかないといけません。

なぜなら人は誰でも羞恥心や世間体、見栄など、およそ自分の考えとは別の物差しで自分を計り、それを基準にして行動を決めるということをしがちだからです。なぜなら、それが安住の方法だからです。文句を言われないためにそう行動している、というだけに過ぎないのです。

よくよく考えてみてください。注意されなかったらいろいろなことをできると思います。それができないのは、私たちに自制心があるからです。幼稚園児などは平気で全裸になります。でもそれを大人がやったらアウト。逮捕です。

なぜそれをやらないか、というのには「相手に咎められる、なにがしかのペナルティ」がある、そのことに尽きるのです。逆に、自分が普段おさえている衝動を、ガマンせずにいても大丈夫な相手とだったら、ガマンの必要、無いですよね?

それを探すのが出会い系なのです。なぜなら、相手も同意の上だからです。

出会い系はある意味本能の交渉

出会い系では、もう名目が「出会い」と銘打っている時点で、ゲスに直訳すれば「性交渉推奨」とも言えます。

なぜなら、出会い系でおしゃべりできる友達を作りたい、一生の親友を見つけたい、共通の趣味の友達をつくりたい、なんていうのは私から言わせればすべてウソだからです。そんなきれいごとで世の中が回るわけがありません。

むしろそういう人がいたらあなたにとっては時間の無駄です。相手にしない方がいい。それよりも自分の本心を言ってくれるような若い純粋な柔らかい肌の女の子と積極的に出逢った方が効率が良いです。

最初はあなたも、あまりあからさまにエッチを求めてくると困るなぁ。と思うかもしれませんが、その障壁を取っ払い、自分の本能のままに動くことができたなら、あなたは立派な性欲マシーンになれます。

そのためのツールとして、出会い系は最高のエッセンスとなるのです。

セフレ攻略で大事なのはプロフィール

セフレ

世の中の男性が軽視してしまい、世の中の女性が重視しているという、実にギャップのある項目があります。

それは…プロフィールについての重要性です。多くの男性というものは、プロフィール欄を適当に書くか、もしくは空欄にしてしまう人さえ多いのです。しかし、女性がまずチェックするのは男性のプロフィール欄なのです。

なぜこうなってしまうかというと…プロフィール欄というのは、大抵の場合は登録直後にあれこれと「入力させられる」ものです。ですが早く出会いを見つけたい男性にとっては実に面倒くさい。なので「あとでやろう」と思ったままスキップをしてしまい、結局そのまま忘れてしまうわけですね。

なのでメールをもらったり、掲示板をみかけたりして、「あ、この人いいかも」と思った男性のプロフィールをチェックしたらなにもかかれてなくてガッカリ…。じゃあこの人はダメね。なんていう悲しい結末が今もこの日本の何処かで起きているわけです。

本人はなぜフラれてしまうのか全く気づけないわけですから…実にかわいそうんまものです。なのでこれをお読みになった方は、プロフィール欄の充実を計ってください。これは絶対にやっておくべきことです!

セフレづくりに成功するためのコツ

セフレ

出会い系でセフレづくりに成功するためのコツは以下のとおり。

マメさが大切

まずは、私はあなたに興味がありますということを知ってもらうことが必要ですね。最初のうち、メールはマメに送るようにしましょう。内容は何気ないことでいいんです。どんなことが好きかとか、困っていることはないのか、とか。とにかく、あなたに興味がありますということを知ってもらうことが重要なんですね。

エロすぎない

最初からエロすぎないことが大切です。シモネタはほどほどに。相手の様子を見て、徐々にそういう話を散りばめていきましょう。

コチラは安全な人間であることを伝える

もし会ってもらおうとするなら「自分は安全です」ということを匂わせる必要があります。もちろん、そのものズバリを言ってもいいんですが、できれば、それとなく伝えていくほうが信頼されるでしょう。また、お互いに秘密厳守であることもきちんと約束しておくほうがいいですね。

プロフィールにエロ全開な女性

プロフィールにエロ全開な女性は注意というのが今までの常識でしたが…最近はそうでもないようです。

それも壇蜜の功績といえるかもしれません。エロを全面に押し出すことが「恥」ではなくて「かっこいい」ことになったわけです。

中には本当にエロくて、かつ男を手玉に取る悪女もいますが
大抵の場合はただ壇蜜に憧れて乗っかっているだけのエセ壇蜜。

上手くこちらも褒めて乗せてあげれば簡単に股を開いてくれますよ。

人妻狙いで出会い系サイトにチャレンジ

セフレ セフレ体験談

今回は人妻狙いで出会い系サイトにチャレンジしてみました。

出会い系の掲示板で、「いますぐ会ってください」といった、かなり欲求不満じゃないかなぁという書き込みがあったので早速メッセージを送ったらすぐに返信がありました。

こういうタイプはサクラがおおいのですが、「最近ガラケーからスマホに変えた」と言ってきたので、「LINEのやりとりしてみませんか?」と誘い、LINEのIDをゲットしました。ということは本当にどすけべ女の可能性がたかいかな、と思いました。

ラインでのチャットでは、普段のことなどを聞きながらも、エロトークしたり、エッチな写メなどを交換して、数日後の夜、彼女の近くの居酒屋で飲むことになりました。

熟女の外見は、よくショッピングモールなどで見かけるような、コジャレたママさんっていう感じでした。カラフルな柄のチュニックに、ギンガムチェックのパンツスタイルでした。

人妻という雰囲気がよりエロさを醸し出していました。居酒屋では下ネタトークが満載でした。

思った以上にどすけべ熟女で、もう何年も旦那とはマンネリらしく、他にもセックスフレンドはいるようなのですが、相手が職場が多いので、普段しないようなエッチがしたいのになかなかできないとお悩みなのだそう。

居酒屋さんが掘りごたつだったのですが、途中酔っぱらってきた彼女が中に潜ってあそこを触ってきました。

チャックをはずしてジュポジュポと音を立てながらぼくのチンポをお店でなめてきましたので、こりゃ絶対にヤレるな、と確信。

居酒屋でかなり酔っぱらったあとはホテルへ移動しました。刺激がほしいと懇願されてもどうしたらいいかわからなかったので、まずソフトから、ということで目隠しプレイで試してみました。

普段は責められない背中や足先などを責め立てたのですが、ちょっと愛撫しただけで、びしょびしょにおマンコは濡れ濡れでした。

そのまま顔に僕のチンポをくっつけ目隠ししながらフェラチオをしてもらい、途中イラマチオも強要しました。オエオエいいながらも喉ちんこまでぼくのチンポを入れながら、それでもどんどん彼女の愛液があふれでてくるくらい、変態熟女でした。

最後は一緒に気持ちよくなりたいと、ヌルヌルのおマンコにカチカチのチンポをパコパコと激しく入れながらイキました。

最後はいい感じに熟れたおっぱいにかけました。すごいいつも見ていたAVのような感じだったらしく、イッたあともかなり興奮していて、そのあとも2回戦ほどチャレンジ。

おくっていく途中もタクシーでチンポを触ってくるくらいのどすけべ熟女ははじめてのタイプでしたね。いつものセックスフレンドよりも、たくさん感じれたらしく僕のプレイにはかなり大満足だったようです。

またまた出会い系サイトで人妻セフレをゲット

セフレ セフレ体験談

またまた出会い系サイトで人妻セフレをゲットしました。

28歳の人妻で、ご主人とは、結婚前は、週1回あるかどうかのエッチだったのが、結婚してからは、ドンドン回数が減り、今では、月1ペースだそうです。

これにとても不満を持っていた彼女は、出会い系サイトに登録して、男性を探していたようで、絵画鑑賞の趣味が私と同じだったので、私とメールのやり取りをするようになり、そのまま男女の関係になってしまったのです。

彼女は、エッチにすごく関心があるのですが、ご主人は、そうでもないので、溝ができたようなんですね。

そこで、私とエッチする時には、とても嬉しかったようで、メールで『色々楽しみましょうね。』と書くほどでした。

エッチをする当日、彼女は、ミニスカートで私の前に現れました。その姿に興奮する私。チラっとミニスカートから見えたパンティーは、ブルーでした。それにも大興奮する私。

さらに、彼女は、『今日は、主人は、出張でいないから、たっぷり楽しみましょうね。』と言ってきたのです。

まず、腹ごしらえに焼肉を食べ、その後、カラオケで、クンニ&フェラまでした私たちは、その流れで、
ラブホテルに行くことにしました。

部屋では、お互いに服を脱いで、シャワーを浴び、さっぱりしたら、ベッドへ。まずは、キスをして、その後私が彼女のおっぱいとお〇んこを舐めまくりました。

おっぱいとお〇んこを舐めると『アアア、イイイ!』と声を出して、感じる彼女。特にクリトリスが彼女の敏感部分らしく、クリトリスを舐めると『ヒイイイ!!』と言って、喘ぎ声が高くなり、絶頂感を体験したのです。

その後、彼女は、フェラをしてくれました。

丁寧に、ゆっくりしたフェラで、とても感じてしまいまい、このままだと出ちゃうと思い、急いで、ゴムを着け、正常位で、彼女のお〇んこの中に入れました。

『アアアア!イイ!』と喘ぎ声を出して喜ぶ彼女。

そして、騎乗位の体勢となり、私が下から突き上げると『奥まで当たる!!奥まで!!』と言って、感じまくる彼女。その時、彼女のEカップの胸が上下に揺れる様は、とても興奮してしまいました。その後、正常位に戻り、彼女の感じている顔を見ながら、ザーメンを彼女の顔に出しました。とっても沢山の量だったので、彼女の体中は、ザーメンまみれになってしまいました。

そのザーメンをテッシュで、拭いてあげると彼女は『ありがとう。とっても気持ち良かった。』と言ってくれました。

その後、彼女とは、定期的にエッチしています。

ご主人のエッチでは、もうダメのようです。

大人の出会いがしやすい時期

セフレ

一年を通して最も大人の出会いがしやすい時期というのはいつだと思いますか?

真夏または真冬の時期が一番だと思います。

こういう時期って、特に何か目的がないと外に出たくない。

ぶらぶらと散歩するにも、夏だと汗をかいたり紫外線の強い日差しに出ることを女性は特に嫌いますし、冬ですと寒風に晒され手足がかじかむような寒さで動くのが億劫になります。なので、部屋の外ではなく内で過ごしたくなるもの。ということで、ホテルでHするがてら涼もう・暖まろうという思考になっていきます。

また、意外な理由として、この時期に会う女性はみんな本当に暇していることです。

暑すぎて何もする気が起きないけど、なんか寂しい。お正月終わって賑やかさが消えて寂しくなった。これらはお互い別々の女性と会って、ホテルで会話をしている時に本当に聞いた会話内容です。部屋にエアコンはついているけど、それが返って一人でいることの寂しさを際立たせるようです。

Hをする前のシャワータイムも、真夏なら待っている間にベトベトになった体の汗を流すために洗いっこ、真冬ならお風呂に一緒に入って暖まるなど、一緒に入ってもあまり違和感がないシチュエーションが生まれます。

一緒に入ることを嫌がる人はとことん嫌がりますが、暑がっているor寒がっていると、母性本能が働くのかこちらの体を気遣って心配してくれる人の割合が多かったです。

「手冷たいね。早くお風呂入って暖まろう」と、割り切りですがかじかんだ手を包んでくれたときは、ドキリとしました。

それに、夏でも冬でもソファーに密着して座る率が本当に高いです。夏だとじんわりとにじんだ汗が相手の肌と触れますし、冬だと寒いのでピタッと密着しあい服越しでも女性の柔肌の感触が伝わってきます。

そういうときは、思わず相手に恋愛感情を抱きそうになってしまいます。

僕はHの前のトークは正直に言えば苦手なので、こういうスキンシップの方が好きですね。それに、割り切りでH前提のお付き合いだからいつもより少し大胆になれます。

くどいようですが、割り切り=時間制サービスみたいな感じで考えている人は、こういうHをする前のちょっとした恋人気分を味わうことすら嫌う人もいるので(とにかくとっとと抜かせて終わらせたがっている人)、事前に時間が取れるかと恋人みたいな感じでイチャついてもいいですかとか、確認は取っておいたほうがいいです。

最低でも、会ってホテルに向かう道中までには確認しておきましょう。顔やスタイルは好みだけどホテルに入ってから、雰囲気が一変する人なんていくらでもいますからね。

「割り切りなんて仕事、仕事」と本当の意味で割り切っているデリ嬢さんやセミプロさんだと、質問をして不本意なら露骨に嫌な反応を返してくれるので、思っていた人と違っていたらさっさと別れてしまいましょう。

最後は愚痴っぽくなりましたが、言いたかったことは真夏と真冬の出会いは割り切りでもラブラブHができるチャンスだということです。

インスタントな恋ですがなかなかそれも良いもんですよ。

セックスフレンドは友達以上恋人未満

セフレ

いわゆる、友達以上恋人未満。そういった曖昧な関係としてセックスフレンドになっている…という人は多いでしょう。

特に現実社会でのつながりがある場合は、こっちのケースが多いでしょうね。一緒に食事に行ったり、映画を見たりするのと同じようなノリで、セックスを楽しむというわけです。

こういった倫理観は特に若い世代に多い気がします。

セックスというのは本来、子作りが目的な神聖な行為です。しかしそういった概念にとらわれず、ただキモチイイんだからいいじゃん!というノリですね。

そもそもセフレという言葉が普通に流通しているのがオカシイですよね。セックスフレンドの略であり、正式な恋人同士ではないのにもかかわらず快楽としてのセックスを楽しむ関係…というのが定義でしょうか。

狭義としてのセックスフレンドというのは、本当にセックスだけを楽しむ関係です。それは徹底しており、デートや旅行をしたり、プレゼントを贈り合うといったことすらしません。真の意味でのセックスフレンドを実践しているペアというのは案外少ないのかもしれませんね。

でも、セフレを探したいときは、友達以上恋人未満の女性を探そうという意識になるとうまく行く場合がおおいようです。女性を錯覚させることができるからですね。

出会い系にあふれる「猫好き女子」を簡単にセフレにする方法

セフレ

今、猫好き女子が増えている!

これまで犬の飼い主の方がの飼い主を上回っていましたが、ここへきて猫派の方が多数になりそうな勢いです。

『猫の駅長』が話題になるのを見てもわかる通り、時代は猫、猫、猫!これだけ猫好きか増えてきたということは、猫好き女子を分析するだけで、彼女たちを簡単に落とすことができます。

出会い系でパートナーを求めている女性の中にも、猫好きはたくさんいます。これを無視して口説くのはもったいない。猫好き女子の攻略法は意外と簡単なのです。

ポイントさえ押させておけば、そのうち猫の手も借りたいくらいに、彼女たちからお誘いがひっきりなしになることでしょう。

猫が二人の距離を縮める

人間は自分が好きなものについて相手も好きだった場合、自然と距離感が縮まるようにできています。

体力で劣るため、女性は男性よりも警戒心が強いので、ある程度、親しくなるまでは壁ります。

ヤリチン男性というのは、この壁を強引に崩すアグレッシブさがあるからモテるのです。

しかしアプローチは人それぞれです。オラオラ系の男が苦手な女性もたくさんいます。ズバリそれが猫好き女子なのです。猫好き女子は内向的で繊細です。一人でいるのが好きで、基本的に受身な性格なのです。

犬が好きな人は、どちらかと言うと人とのコミュニケーションが好きで、外交的な傾向にあります。犬を飼っている人はわかると思いますが、飼い主との距離がかなり近いですよね。一方猫は、かなり気まぐれ。甘えてくるときもあれば、そっけないときもあります。それが猫好きからすれば、たまらないのです。これを突き詰めるとある真理が見えてきます。

そうです。猫好き女子はM傾向が強いと言えます。ただし前述した通り警戒心も人一倍ありますから、まずはその垣根を取り払うことから始めましょう。それをしてくれるのが他でもない猫なのです。

出会い系サイトのプロフィール欄に「猫好き」と書いて、アピールするのもよし、反対に猫好きアピールしている女性を探すのもいいでしょう。共通項があれば人は瞬く間に親しくなれます。

ただし猫について詳しくないのに知ったかぶりをすると、一発でバレてしまうので逆効果。ある程度、猫を研究してそれなりの知識を身につけておくことをおすすめします。

猫カフェからディナー、そしてラブホへ

無事、猫好き女子とのコンタクトに成功したら、次はメールで距離を詰めていきましょう。近所にいる野良猫の写真を送信して「かわいい猫がいたから真っ先に君へ見せたくて」とメールすれば、向こうも喜びます。

肉体関係のみが目的の露骨ながっつきを見せると、女性の心は自然と離れていくものです。しかし猫の話題を中心にしておけば、相手もこちらに対して好印象を抱いてくれます。そろそろ頃合だと思ったら、次はデートに誘いましょう。「とっておきの猫カフェがあるんだけど、一緒に行かない?」と誘えば、まず相手は断りません。ワクワク気分でデートに来てくれるはずです。

猫カフェでお互いリラックスできたら、次はディナーです。そこでも先ほどのカフェにいた猫の話を織り交ぜながら、トークしていきます。猫談義だけでは進展しませんので、ここで少し相手をドキッとさせてください。「猫を見ているときのあなたって本当に素敵だよね」と少々、キザっぽく告げるのです。相手は「急に何…!?」とドギマギするはず。そこで「猫を見るふりをしながら、ずっとあなたを見ていたんだ」と続けましょう。猫好き男が急に醸し出すダンディズムに相手はもう陥落寸前。猫を中心にして時間を共有しているように見えて、「実はお互いに意識し合っていた」ということに女性は気づくのです。

ここまでくれば、もうあと一押しです。店を出たら「もう少し一緒にいたいんだけど、いいかな?」と手を繋ぎましょう。ラブホテルまで距離があると、感情が少し醒めてしまう可能性があるので、猫カフェからディナーの場所、そしてラブホまでの移動をスムーズにできるよう、事前に計画を立てておきましょう。

猫好き女子を一度ハメれば、相手はあなたにもう病みつき状態。相手の気持ちさえ掴んでしまえばこっちのものです。セフレにしたあとは好き放題できるので、思う存分楽しんでください。

ページの先頭へ