「セフレ」の記事一覧(2 / 7ページ目)

出会い系サイトでは、自分のことばかり話してはいけません

セフレ

出会い系サイトでは、自分のことばかり話してはいけません。

男性も女性も、モテない人は、自分の言うことを聞いて欲しいという欲求が強すぎます。

だれだって、自分の話を楽しそうにウンウン聞いてくれる人に好感を持つんです。

だったら、あなたが、そうすれば良いのです。あなたが、女性の話を楽しそうに聞いてあげたら、きっと彼女は、もっと話を聞いて欲しいと思うはずです。そしてまた会いたいとおもってくれるはずです。

そして、この人に話を聞いてもらえるなら、セックスをしてもいいと思ってくれるはず。そうやって、女性とのセックスに持ち込めばあとは簡単。話を聞く、セックス、話を聞く、セックス。これだけです。女性は、話を聞いてもらうためなら、いくらでも簡単に股を開くものなのです。

だって、話を聞いてくれるということは、「私を理解してくれている。理解しようとしてくれている。私を知りたいと思ってくれている」ということなのですから。

少なくとも女性のあたまのなかでは、そういう風に変換されています。

次に自分から話さなければならないとき、話す内容に困ったら 「きどにたてかけし衣食住」を思い出しましょう。

  • き……季節 最近すっごく寒いですね。あんまり家は出たくないなー。家ではどんなことをするの?
  • ど……道楽(趣味)
  • に……ニュース
  • た……旅
  • て……天気
  • か……家族
  • け……健康
  • し……仕事 最近、仕事でちょっと嫌なことがあって……。そういうとき○○さんはどうやって元気取り戻してますか?
  • 衣……衣類
  • 食……食事 どんな食べ物が好き?→いっしょに食事に行こうよ。
  • 住……住まい どんなところに住んでいるんですか?

セフレを作るために得意分野を活かす

セフレ

あなたの得意分野を活かしてください。

出会いを成功させるコツは得意分野を活かすことです。

たとえば、あなたがイケメンなら写メを上手に利用することです。

あなたが長身なら、長身を探している女性を探すことです。

また、得意な分野があれば、それも利用できます。

あなたが登山が趣味なら「登山を始めてみたい女性」を探すんです。たしかに、それほど多くはないかもしれませんが、もしそういう女性を見つけてメール交換を始めたら、かなり高い確率で会うことができるはずですよね。だって、彼女は、あなたに山登りを教えてもらうためにメールをしたのですから。

それに、わたしの経験上、こういうふうに、出会い以外の目的も同時に達成しようとしている女性は可愛い子が多いんです。日々、男性の下心にさらされているから、「出会いだけの出会い」がイヤになってしまうかもしれませんね。

デートの誘いと接待は同じ!モテ男が使っている女性をその気にさせる誘い方

セフレ モテルール

モテ男は常に自分からアクションを起こしているものです。

女性を口説くときに必要なのは多少の強引さ。草食系男子なんて言葉が流行ってはいますが、選ばれる側に甘んじていてはいつまでたっても自分の好みの女性と付き合えることはありません。気になる女性がいるのなら迷わずアクションを起こせるフットワークの軽さを身につけましょう。

自然な流れで誘う

「よかったら今度二人でデートしませんか?」

いきなりこんなセリフでデートに誘ってうまくいくのはイケメンだけです。急に「デート」というワードを出して特別感を出せば、女性は相手に対して警戒をしてしまうだけでしょう。初めてのデートの誘いは相手が気軽に来れるように、あくまでも自然な流れで誘うのがポイントです。とはいえ、「今度ご飯行こうよ」だけでは、「そうですね」と社交辞令的な会話で終了してしまいます。自然な誘いの中にも、断りづらい強引さを入れるのが大切です。

「イタリアン好きって言ってたよね。オススメのお店あるから一緒に行こうよ。水曜と金曜ならどっちが暇?」みたいな感じで。

「いつが暇ですか?」と聞くよりも、選択肢をしぼって問いかけた方が人は誘いに乗りやすいです。また、いつでも暇をしている男性からの誘いよりも、自分のために時間を作ってくれている男性の方がより特別感もでるでしょう。

事前に彼女の好みのお店をリサーチする

彼女の好きなジャンルのお店をリサーチしたら、すかさずそのお店に誘いましょう。接待だって相手の好きなお酒のあるお店や、好きな食事をセレクトしますよね。女性とのデートだって同じです。相手の好みを把握して、決して外すことのないお店選びをすることで、女性も誘いに乗りやすくなるはずです。

お店選びのポイントはちょっと頑張っている感じがベスト

いくら味が美味しいからといって、初めてのデートで大衆居酒屋のような雰囲気のお店に連れて行ってしまっては女性をガッカリさせてしまいます。

ポイントは安すぎず高すぎない雰囲気の良いお店に誘うことです。安すぎるお店に誘ってしまえば「この程度の女だと思われているのね」と感じさせ、高すぎるお店に誘えば「本気すぎて怖い」と女性に思われてしまいます。客単価6000円から8000円くらいの雰囲気の良いお店なら、押し付けがましくもなくロマンチックな気持ちに女性をさせられます。

最初のデートは「もしかするとこの人は私に気があるのかな」と、女性を少しだけ物足りない気持ちにさせるくらいにしておけば、二回目のデートの誘いにもきっと乗ってきてくれるはずです。

「プレゼン上手は恋上手」出会い系でセフレを作るためのプロフィールの書き方を徹底解説

セフレ モテルール

就職活動をしている時、企業にあなたという商品を売り込むために作っていた履歴書

この履歴書で人事担当者の心をつかむことができなければ、面接という機会さえ作ってもらえません。この履歴書と同じ役割を出会い系で果たすのがプロフィールです。女子が思わず食いつくプロフィール作りをして、女性をデートに誘い出しましょう。

プロフィールは具体的に書くのがGOOD

趣味や特技などを箇条書きにするだけのプロフィールでは、あなたの人柄までは相手に伝わりません。女子に興味を持ってもらうプロフィール作りをしたいのなら、より具体的に書くのがポイントです。

「趣味:サッカー」と書くより、「今でも同僚とサッカーチームを組んで月に二回ほど趣味でやっています。応援にきてくれる女性大歓迎です」と書いたほうが、明るく社交的な印象を与えることができます。相手にどんな印象を与えたいかを考えながらプロフィールを作成するようにしてみましょう。

下心は隠そう

あなたが本当は本命の彼女がいて、セフレ目当てに出会い系サイトに登録していたとしても、それを感じさせてしまうようなプロフィールでは、サクラだったりメンヘラ地雷臭のする女子からしか相手にされません。

女子はたとえ自分自身もちょっとした遊び目的で登録をしていたとしても、不誠実な男性に遊ばれて終わることに対してはバリアをはって自分を守ろうとします。

チャラすぎるプロフィールは絶対にやめておきましょう。

見た目についても詳しく書こう

出会い系サイトは顔が見えない相手だからこそ、女子も慎重になります。デートの約束をしたのに、現れた相手があまりにも好みとかけ離れたタイプだったら面倒だと思うのは、男性も女性も同じでしょう。そういった警戒心を解くためにも、なるべく具体的に自分の見た目を記入するようにしておけば、プロフィールを見ている女子もあった時のシミュレーションがしやすいはずです。

「身長は◯センチで細身体型です。芸能人の◯に似ていると何度か言われたことがあります」。こうやって書くだけで、出会い系に登録している数ある男性の中からでも、あなたに「会いたい」と、女性が思ってくれる可能性はかなり広がるでしょう。

なぜ出会い系に登録したかも書いておこう

出会い系に登録をしたのは、遊び目的ではなく仕方がない事情があるから。と、女子に伝わったほうが確実にあなたの印象は良くなります。「男性ばかりの職場で出会いがない」「転勤してきたばかりで友達が欲しい」「彼女に振られたばかりで女友達が欲しい」など、もっともらしい理由を書いておくと良いでしょう。

どうせ長続きはしない関係なのだから、と吹っ切れることが大事

セフレ モテルール

私が求めているのはセックスであり、相手が求めているのは結婚です。噛みあうわけがありませんよね。短ければそれこそ1度きりの出会いもありますし、長くても2~3ヶ月くらいで終りを迎えるのがこの関係です。

言い方を変えれば、2~3ヶ月くらいでバレます。結婚する気がないこと、自分が騙されていた事に(笑)

まともな男女関係でそんなひどい捨て方をしたら大変です。共通の知人に悪いウワサを流されたり、自分の勤め先などに嫌がらせをされるかもしれません。

しかし、私はそういった個人情報を絶対に与えずに、フリーメールやLINEでしか繋がっていない関係しか築きませんので、絶対に安全です。

使っていたフリーメールを捨てるなり、LINEをブロックなりしてしまえばそれまでです。相手の罵詈雑言はコチラに届くことはありません。

使い捨てを前提としたセフレのような気持ちで接することが大事です。変に情がうつってしまうと、面倒ですからね。

最初は多かれ少なかれ良心の呵責のようなものを感じるかもしれませんが、すぐに慣れます(笑)なにしろ、これだけ簡単にセックスしまくれる現実を前に、ちっぽけな良心などはすぐに吹き飛んでしまうのですから。

年収や仕事はウソをつきましょう

セフレ モテルール

馬鹿正直に自分の年収をそのまま伝える必要はありません。仕事だってそうです。

ただのしがないサラリーマンです、と言うよりも、公務員であったり金融関係であったり、あるいは芸能やアパレル関係など、女性に人気の職種を騙ればいいのです。

年収だって素直に300万や400万といっても、喜ぶ女性は少ないでしょう。倍くらいに持ってしまっても問題ありません。さすがに数千万といってしまうと、服装や食事をする場所に求められるハードルが上がりすぎてしまうので、やめておいたほうが無難です。

女性をとっかえるたびに新しいウソを考えるのも面倒ですので、ひとり架空のキャラクターを自分の中で作り上げてしまうのが楽ですよ。

やり方は至って簡単です。自分が騙りたい職業の人がやっているTwitterやFacebookを見て、情報をパクればいいのです。

「なるほど、この仕事は日中はこんな感じで、終業は何時くらいなのか」

「こういう人たちと横のつながりがあって、こんな専門用語があるんだな」

といった具体的な情報を知ることが出来ますし、続けていくうちに本当にもうひとりの自分が出来上がっていくのです。

あとはそれをなぞりきって、ウソがバレる前にこちらから切るだけ。どうです?簡単でしょう?

出会いサイトを利用している女性の特徴

セフレ

出会い系サイトを利用している女性は、本当に普通の人が多いです。

いかにも「遊んでいそう」というじょうな女性ばかりではありません。

ただ心理面では、ある共通点が見えてきます。

出会い系サイトに登録している女性の特徴とは

一般的なイメージだと下記の印象が強いかもしれません。

  • 仕事もしていなくて、毎日遊びほうけている
  • 浮気を頻繁に繰り返している
  • 親が離婚していて家に帰っても楽しくない
  • 自分の家がないので男の家に泊まっている
  • 男がとにかく好き

上記のような女性も確かに多いですが、そういった女性ばかりではありません。

中には普通に仕事をしながら、人恋しさを埋めるために登録している女性もいます。あるいは普通に旦那さんがいるのに登録している人妻も。

見た目や生活環境に共通項はなく、様々な女性が登録しています。

共通点その1.ひとりでいるのが苦手

出会い系サイトに登録している女性は、とにかく人とのコミニケーションを取りたい人。土日に何の予定もないなんて、気が狂いそうになるほど嫌だという人が多いです。

そういった女性は取り立ててかっこいい男性の望んでいるわけではありません。(勿論、よければそれに越したことはありませんが)

それよりも、一緒にいて楽しい人、話が弾む人を望んでいます。出会い系サイトで自分の虚無感を埋めてくれるような人を望んでいるため、積極的に話しかけたり、行動を促してくれるような人を好みます。

出会い系サイトの場では、変に躊躇して誠実ぶる必要はありません。そもそもこういったところに登録している女性は躊躇していたり、真面目な男性なんて求めていませんからね。

積極的に話を聞いてあげるもよし、あるいはこちらから話しかけてあげるのも良いです。出会い系サイトに登録するぐらいなので、普段の生活ではなかなか男性と話す機会がなくて困っている女性も多いです。

女性は自分のことに興味を示してくれる男性をとても居心地良く感じているので、好きという気持ちを直接伝えてアプローチしていきましょう!

共通点その2. エッチを楽しみたい

男性のほうがヤりたいという気持ちが強い印象がありますが、女性にもそういった願望を持っている人も実際にいます。

  • 「いろんな人とのセックスを楽しんでみたい」
  • 「普段さらけ出せないようなプレイをしてみたい」
  • 「いろんな男性と会ってドキドキしたい」

という欲から登録している人がいます。例えばイケメンでも毎日同じ人なら飽きてしまうという女性がいます。

人間、飽きがくると違うものを欲する生き物なので、女性も後腐れのない相手を見つけていろんな人とエッチを楽しみたい人もいます。

性に対して貪欲な女性も多いですから、変にかしこまるより、積極的に誘ったほうがうまくいく可能性が高いです。一般の出会いよりは出会い系サイトのほうが、より積極的に行動した方が吉と出るでしょう。

出会い系に潜む「プロ業者」ってなに?

セフレ

warumono

出会い系といえばサクラと一般女性の二つに分けられていましたが、最近は「プロ業者」という第3勢力がどんどん増えてきているようです。

では、その業者とはなんの業者なのか?といいますと、ぶっちゃければ売春組織です。

業者スタッフが一般女性のふりをしたプロフィールを作成し、アダルト色の強い書き込みを掲示板にしたり、業者スタッフからメールを送って男性を誘います。そして男性が「釣れて」会う日時が決まった場合、雇われている女性スタッフでプロフィールの条件にそこそこ合致する女性がその現場に「派遣」されるという仕組みです。

タクシーの配車サービスとデリヘルを組み合わせたようなものですね。

こういった形態の売春を「援デリ」と呼ぶそうです。

ひとくちに援デリといっても、ガチの素人女性が一人でやっている場合もありますし、本番ありの違法デリヘルが営業の一貫として行っていたり、先述したように素人とプロがいりまじった組織ぐるみの場合もあります。

セフレを作りたいなら人妻狙いがオススメです。

セフレ

628338

セフレを作りたいなら人妻狙いがオススメです。

そして人妻と出会うには、やっぱり大手出会い系サイトが手っ取り早い。割と普通の人妻が多いという印象が強いです。

どうしてあんなかわいい人が出会い系に登録したりするのだろうと思うことも多い。

体のきれいな人妻も中にはいます。

私は最近では顔よりも体付きで選ぶ傾向にあるのです。いや、ある程度は可愛さも必要です。顔と性格がかわいくて体も良ければ最高なのですが、そこまで整っている人はなかなかいません。人妻だけに家庭内主婦が多く、子供もいます。ジムにでも通っていないと体はたるんでくるものです。一日中横になったり、携帯を片手に運動もしないとか、パソコンに向かって出会いを求めている主婦も多いのです。若い子のような体はなかなか探すことは難しいので、そういう体を求める場合は若い女の子に絞ることがほとんどです。

そんな中でもきれいな体をした人妻もいます。顔と性格を抜きにして考えると、意外といるものです。そういう人は家庭内でも上手くいっているので、なかなか知り合う機会がないのが現状です。あえて人妻のなかから探すとすればちょっと苦労することもあります。人妻にこだわるのは体ではないので、そういう意味ではプロポーションは必須ではなくなりますが、出産経験があるのにお尻も胸もつんと出て若い感じの体もいいものです。

やはり安心感がいい。

出会い系サイトで体にこだわると、他の物に期待できないということになります。その年代の女性に求めるのは基本的に優しさとか安心感のようなものです。若いころでも熟女の魅力にあこがれたこともあり、やはり大人のオンナはいいものです。駆け引きも何も必要としない大人の女性です。やはり安心感はありますね。

出会い系サイトで出会った人妻とはお互いに身も心も許せるという感じで、ホント、この安心感はどこからくるのだろうと思いますよ。そして、そういう人とは長い間付き合っていたいと思うものです。そういう時は若さを生かして、長時間モードのセックスに限ります。少なくとも2時間ほど続けることができたら何度も求めてくれるから、そういう面では簡単だと言えます。4時間続けたらさらにコンタクトを求めてくる回数も増えてきます。

長時間のセックスは必須です。

家庭を犠牲にしてでも何度でも会うようになります。相手から求めてくれるというのも嬉しいですよ。会いたいと言われたら、もうセックスしかないですよ、最初のころは。そして結婚まで求めてくるようになるのですが、そのあたりは冷静になって考えましょう。

プロフィールの書き方

セフレ

415796

プロフィールは手を抜いてはいけません。

プロフィールからメールをもらっていないとしても、女性はかならずプロフィールを見るんです。

メールの内容が良かったとしてもプロフィールを見て返事を出すのを躊躇してしまう女性もいるんです。

プロフィールは、重要ですので丁寧に書くようにしましょう。

ハンドルネームは、何でもよさそうですが呼ぶほうも呼ばれるほうも違和感のない名前にしましょう。
まじめに出会いを探しているのにおかしなHNをつけてしまうと信用度もなくなります。

また、自分はだめな人間とか自信のないようなマイナスになるようなことは書くのはやめましょう。そして、ある程度正直に書くようにしましょう。

相手から特に指定がないのであれば、最初は無難に「~さん」で進めるのがいいでしょう。

そのうち、親しくなってきたと感じたら、自分のことは呼び捨てで構わないよ。と伝えましょう。
もうこれを伝えるだけでも、こちらが気を許したということが伝わります。
女性側ももっと距離を縮めたいと思っているのであれば、「では私のことも呼び捨てで」と言ってくれることでしょう。

これだけでも実際に距離が縮まりますし、自分を受け入れてくれるかどうかの見極めにも使えます。

メールを始めて実際に会うためにどういう風にさそったらいいのか。

まずはタイミングですね。これは、平均的には1週間・10通くらいが良い頃合いなのではないかと思います。これより短ければ警戒されるし、これより長いと熱が冷めてしまいます。もちろんケースバイケースでですが、警戒と情熱の天秤をうまく感じとってください。

そして誘い方ですが、これは最初からこちらの要望を述べてしまうのがスマートです。「いつごろどういう形であいたい」と。もっとも、その後に、こちらの予定ばかり言って申し訳ないと思っていること。予定と合わせることも可能なこと。などをきちんと説明することが大切です。最初から相手の都合ばかり聞いていてもなかなかアポはとれませんし、逆に優柔不断で不安にさせてしまうものです。まずはズバリとこちらの都合を言う、というのが大切です。

ページの先頭へ